トピックス

2019-07-25 09:39:00

8/14(水)は、お盆で事務所は休みにします。

2019-07-18 17:19:00

このたび映画制作のためのクラウドファンディングの募集が始まりました。
世界に向けて拉致問題を啓発するため、日本人監督による初めての劇場公開を目指す映画作りです。一人でも多くの国民のみなさんにご協力いただきたいと願っております。
応募要領など詳しくは次のサイトをご覧ください。
http://megumi-movie.net/index.html

2019-07-10 17:43:00

 

_20190707_204856.JPG

 
 

_20190707_205232.JPG

 

/7(日)京橋駅街頭活動結果報告
署名数270筆・カンパ30,060円(内バッジ40個)・参加者23名でした。活動に参加の皆様、蒸し暑い中お疲れ様でした。
前期街頭活動は終了です。次回は9月からの後期街頭活動になります。

2019-07-04 09:53:00

小泉政権時代に5名を取り戻しただけで、その後17年、だれ一人拉致被害者は帰国できていない。就任直後から「私の内閣で被害者を家族のもとに取り返す」と公約している安倍首相は、6年以上経っても結果を出していない。
参議院議員選挙が本日公示された。私たち国民は本気になって拉致問題解決に取り組む議員を見きわめなければならない。
「参議院拉致問題特別委員会」が5月29日に開催された。時間があれば下記サイトのサイドバーから「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」を選び、開会日「2019年5月29日」を指定して委員会の動画を視聴してみてほしい。国会議員の資質を見抜くのは私たち国民しかいない。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 

議員の質問になるほどと思うものもあるが、なぜ被害者を取り返せないのかという本質を突くものはほとんどなく、答える菅大臣、河野大臣も「あらゆるチャンスを逃さず真剣に取り組む」という首相のことばを繰り返すだけでまともな答えはしない。あろうことか質問の中で「拉致」を避け「核・ミサイル」の質問に終始する質問者もいる。何年たってもこんなやり取りをしている日本という国は、北朝鮮にとって痛くも痒くもないだろう。

 

しかし、私たちは国を動かし、一日も早く被害者を取り返さなければならない。
立候補者にはあらゆる手段で「拉致被害者救出」への考え方を問い、投票にあたってはブルーリボンバッジを常に着用し、私たちの問いに誠実に答え、個人の信念として拉致被害者救出を訴える候補者を選ばなければならない。

 

令和1年7月4日
大阪ブルーリボンの会

2019-06-29 19:13:00

G20大阪サミット、本当にお疲れさまです。
私は本日(6月28日)、有本明弘さん、嘉代子さんに面談してまいりました。
お父さんは毅然と「安倍さんに任せるしかない。」とおっしゃっていましたが、「(恵子に)会えるかなぁ?」と心配そうに話されたお母さんの表情はすぐれませんでした。
トランプ大統領からのお手紙を見せていただき、ご一緒にお二人の写真を撮らせていただきました。
安倍首相、この写真をあらためてしっかり見てください。
有本ご夫妻は、一日、一日、命を削りながら肉親を待ち続けている何百人というご家族を代表されていると私は思います。
あなたが成し遂げるであろう拉致被害者の救出は、日本のためだけでなく、北朝鮮国民の人権を守ることになるのですから。

大阪ブルーリボンの会前代表 中林 葵

 

im0629.png

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...