トピックス

2020-09-16 14:01:00

828日午後、安倍首相が突然持病の悪化による辞任を表明した。拉致問題については「解決できず痛恨の極み」と声を振り絞るように語った。この思いに偽りはなく、この日の会見で一番つらい表情だったと思う。拉致は自分しかできないと考えていただけにさぞ無念だっただろう。78カ月という最長政権、本当にお疲れさまでしたと申し上げる。

 

 
ご家族も、有本明弘さん「一番信頼していた。辞めるのは早すぎる。最後までやり遂げてほしかった」、増元照明さん「拉致問題を解決できるのは安倍さん以外に今の日本にいない」、横田早紀江さん「本当に頑張っていただいた。悲しく、残念」など、それぞれ思いを語っておられる。いきなり最後の望みの綱を絶たれた思いであることは想像に難くない。

 


 17年余り救出を訴えてきた私たちは、この事態を冷静に受け止めたいと思う。拉致に対処できるのは安倍さんだけという考え方自体正しかったのか。安倍政権がとってきた基本戦略「対話と圧力」「拉致・核・ミサイルの包括的解決」「国際連携での解決」等々の問題点については、これまでも都度疑問を呈してきた。一昨年あたりからは民間支援団体のトップが誘導したためかどうか真相は知らないが、家族会と政府が口を揃えて「全拉致被害者一括帰国」という、もし北朝鮮が急に体制が変わって協力的になったとしても、どう対応すればいいのか分からないような訴えを掲げてきた。日朝とも、どっちもどっちになってしまった。

 

 

ウクライナ出身の政治学者であるグレンコ・アンドリー氏は、今の体制で北朝鮮が動くときは、「大金を得られる場合」か、「金正恩の命が危ないと恐れる場合」だけであり、大金を与えることは、北朝鮮をますます横暴にし、新たな犯罪を行わせることになる。トップに身の危険を感じさせるためには、ピョンヤンの金一族が眠る宮殿を限定空爆するとともに、トップの居場所をこちらは把握している、と伝えてやることだ。そうすれば彼は動揺して日本との交渉に応じてくる・・・。やはりそれしかないと、安倍政権の7年余で、真摯な日本人は思い知ったのではないだろうか。

 


 安倍政権が実現できなかったことをやるには、次期政権は北朝鮮との交渉を止め、順序を入れ替えて、まず、自国民を救出するためと、今後(拉致されないよう)国民を守るために、自衛隊の軍事力行使を可能にする憲法改正が必要だと国民を説得して一日も早く実現する。(もちろんアンドリー氏だけが言っているわけではなく、当会が行った昨年の国会議員アンケートの回答の中にも、まじめな議員は憲法改正が先だと答えている)

 


 本気でやるなら3年あれば出来るのではないか。この真の闘いをやるしかない。それでは命がもたないとご家族から言われたら、安倍政権がちょっと長すぎたから、とお答えするしかないし、もし国民投票で改正が成立しなかったとしても、それは日本国民の思考レベルの故であり、次期首相は、初めて本気で憲法改正に取り組んだという立派な「レガシー」を残せるのではないか。

 

 

令和2年8月29日     大阪ブルーリボンの会

 

2020-08-29 18:37:00

国(厚労省)は、いわゆる「黒い雨」裁判で一審判決に従わず控訴した。控訴の意味は、国が昭和51年に指定した被ばく援護の対象となる「特例地域」の外で降った「黒い雨」を浴び、がんなどを発症した84人の原告(うち9人は死亡)を「被爆者」として認めないということである。提訴から5年、やっと勝ち取った一審判決に喜んだのも束の間、また長い裁判が続く。原告の一人は「国は自分たちが死ぬのを待っているのか」と憤ったという。
 

原爆投下からすでに75年、「特例地域」の科学的正当性については、もはや何とでもいえる水準の話ではないか。広島地裁は「『黒い雨』にあったかを認定するにあたっては、調査で示された降雨域に単純に依拠することなく、原告らが当時いた場所や供述などの信用性を吟味し判断すべき」として、国が定めた「線引き」の妥当性を否定した。当然ではないだろうか?

 

私たちは北朝鮮が拉致を認め5人を返した2002年から、一人の被害者も取り返せずにいる。なぜこんなに時間がかかるのか?そして、800人以上の日本人が拉致された可能性があるというのに、政府は頑なに、国が認定する被害者は17人のみとして一歩も譲らない。
一度決めた「特例地域」を拡げない、「被爆者」の定義を変えないという上記裁判とよく似ている。

 

敗訴すれば国費を投入することにつながるから慎重な判断を、という官僚たちの思いも分からないではない。しかし、時間が経ち過ぎている。命には限りがあるのだ。控訴断念について官僚が判断できなければ、加藤大臣が安倍総理と膝つき合わせて政治判断すべきだったろう。

 

先回の当欄主張「ドンチョル・キム博士の証言から」について、ある官僚の感想を訊いてみたが、インテリジェンスにかかわる、との一点張りで何も聴けなかった。キム氏とのやりとりはしていない、なぜなら彼にはこういう問題があるからだ、くらいの話を聴きたかった。結局、政府間交渉の所管である外務省が何もやっていないのだろうとしか思えない。

 

総理在任中、毎年、靖国神社の参拝をし続けた小泉総理は、金正日に拉致を認めさせ、5人を取り戻すという結果を出した。引き継いだ安倍総理は第一次政権では一度も行かず「痛恨の極み」と述べ、第二次政権では毎年行くのかと思わせたが、2013年12月26日に一度行ったきり、6年以上参拝をサボっている。

 

謙虚に反省して今年こそ靖国の英霊に会いに行き、国民の命を守る決意をしてきてほしいと思う。

 

令和2年8月13日     大阪ブルーリボンの会

2020-08-13 19:36:00

7月29日の産経新聞一面に「北で日本人7人と接触」という大見出しが出ました。北朝鮮にスパイ容疑で拘束され、一昨年の米朝首脳会談に先立ち解放された韓国系米国人、ドンチョル・キム博士への単独インタビュー記事。博士が日本人との接触を公表するのは初めてだとのことです。(まだ記事内容をご存じない場合は下記サイトなどで検索してください)
https://www.sankei.com/world/news/200728/wor2007280022-n1.html
 

問題は今日30日、同紙に掲載された「解放の米博士証言で菅官房長官『情報を注視』」という記事です。上記インタビュー記事について官房長官は、「報道は承知しているが、一つ一つにコメントは差し控えたい。各種の情報は常日頃から最大限の注視をし、収集・分析を行っている」「全ての拉致被害者の一日も早い帰国実現に向けてあらゆるチャンスを逃すことなく全力で行動していきたい」と述べたそうです。

 

少なくともこれまでキム博士が日本政府と接触した様子は見られません。首相が懐刀である官房長官に拉致問題担当大臣を兼務させたとき、私たちはかすかな期待を持ちましたが、その後「あらゆるチャンスを逃すことなく」「全力で行動する」という言葉を毎度毎度首相、官房長官から聞かされてきましたが、こんな重大な証言ができる人(しかも博士の帰国の際、トランプ大統領自らが博士を出迎えた)に、この2年間一度も接触していないとは一体どういうことでしょうか?結局日本政府は何もやっていない、と言われてもしかたがないのではないでしょうか。

 

特定失踪者問題調査会の荒木代表は、すでにキム博士と直接電話できる関係を作っているそうで、やる気のある人、無い人がこれでもわかります。残念としか言いようがありません。

令和2年7月30日     大阪ブルーリボンの会

2020-07-30 14:45:00

北朝鮮国内の状況が相当混乱しているようだと、特定失踪者問題調査会の荒木代表がyoutubeで述べておられます。金正恩の死亡(もしくは意思決定ができないほどの重篤)による権力闘争がすでに起きているとの見方です。
https://www.youtube.com/watch?v=UNuDzXoKBiE

前回このページで紹介した小説「邦人奪還」は、北朝鮮軍部のクーデターをきっかけに自衛隊の特殊部隊が拉致被害者救出作戦を行う内容ですが、荒木代表の想定されるとおりとすれば、著者伊藤祐靖氏が幹事長をされている予備役ブルーリボンの会(代表は荒木氏)の洞察力はたいしたものですね。

 

日本はどうしたらよいか。荒木代表は、ただちに北朝鮮に向けて「北朝鮮のなかのどんな勢力でも構わない。日本人拉致被害者の救出に協力する勢力は、日本政府が責任をもって保護し、支援する」との日本政府のメッセージを、北朝鮮向け放送「ふるさとの風」でどんどん送り続けるべきだとおっしゃっています。
安倍首相よ。本気で拉致被害者を救出する意思と覚悟があるのなら、千載一遇のチャンスを活かすための方策について、今のうちに、荒木代表や伊藤幹事長はじめこれまで本気で取り組んできた民間人の意見を聴くべきです。お得意の「専門家会議」でもよい。すぐに作って行動せよと言いたい。

 

現実の日本政府に、切れ者の「手代木官房長官」はいるでしょうか?

 

令和2年7月16日     大阪ブルーリボンの会

2020-07-16 20:06:00

日本はなぜ自国民を拉致されながら救出ができない国なのか、皆さんもいろいろお考えかと思いますが、このたび出版された本書はその疑問に答える好著です。著者は自衛隊特殊部隊創設に関与した経験から、今の日本のトップレベル(首相官邸、外務省、防衛省等)の実態と、南北朝鮮を取り巻く、アメリカ、中国、ロシア、ヨーロッパの主要国と日本の相対関係を、豊富な知見と鋭い分析で読み解き読者に提供しています。
あえてフィクションの形を取って、問題の本質がいかに日本人にとって深刻であるかを活き活きとした筆致(多くがサスペンスタッチ)で書かれていて読みやすく半日もあれば読めます。
リスクを取らない政治、お人好し外交がここまで日本を劣化させてきたのかと衝撃を受けます。拉致被害者とご家族にとって時間がないと言いますが、日本人にとっても国の行く末を考える時間はもうないのです。
エピローグに書かれた著者の思いは驚きでした。ぜひ手に取ってお読みください。

令和2年6月21日     大阪ブルーリボンの会

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...