トピックス

2019-07-14 14:04:00

このたび下記要領で、講演会が開催されます。
この講演会は、大阪拉致議連の主催ですが、大阪ブルーリボンの会がお手伝いをしています。
大阪拉致議連のご了解を得て、一般のみなさまにもこの講演を聴いていただくことができます。
参加ご希望の方は、8月7日(水)までに、このホームページのサイドバー「お問い合わせ/お申し込み」のページからお申し込みください。「お問い合わせ事項」は「その他」とし、「ご質問・ご意見・ご連絡事項等」の欄に「8.12講演会参加希望」と記入してください。なお、記入欄はすべてご記入ください。後日、入場案内書面をお送りします。(ご記入がないと案内書面をお送りできません。)

<開催要領>
1.日時 令和元年8月12日(月・振替休日)午後1時半受付開始
2.場所 エルおおさか(大阪府労働会館)6階「大会議室」
   大阪メトロ谷町線、京阪「天満橋」駅西へ約300m
3.講師と演題
  ①「拉致被害者を救わずして国家といえるのか」
    家族会元事務局長 増元照明氏
  ②「北朝鮮とは何なのか 自治体から拉致問題を進展させるために」
    特定失踪者問題調査会代表 荒木和博氏
4.その他 
  ①入場は無料です。
  ②当日午後2時から開催される拉致議連の定例総会終了後から講演会となります。
   (2時30分ごろ開始予定)なお、総会の傍聴も可能です。
  ③先着順で50名様まで受け付けます。