トピックス

2022-04-09 17:15:00

家族会・救う会は、以下の本年度運動方針案を決定したとのことです。

 

pdf 家族会・救う会今後の運動方針案.pdf (0.88MB)

 

私たちは18年あまり前から活動してきていますが、「救う会」には加盟していないため、活動方針について意見を述べる場もなく、ネットで「救う会ニュース」が発表する内容をただ受けとめるしかないのですが、拉致被害者の救出を長年放置している政府は、岸田内閣として初めて受け取るこの運動方針を真摯に受けとめ、直ちに家族会と本音の協議に入るべきであると考えます。そうでなければこれまでと同じように、片や言いっぱなし、片や聞き流しで、何の進展もないまま今年も終わってしまうことは明白です。

 

北朝鮮は「全拉致被害者の即時一括帰国」という家族会の願いについて、どう受けとめているのか。「2002年に5人を返して拉致問題は解決した」と、何度も説明しているのに、それを受け入れずますますハードルを上げる日本側とは、まともに交渉もできないと考えているのではないでしょうか?それ以上に私たちは、(北朝鮮と接触しているはずの)日本の外務省自体が、家族会の願いをどう受けとめているのかを知りたいところです。

 

家族会・救う会と日本政府には、「全拉致被害者」とはいったい何人程度と考えているのか、ぜひ教えてほしいと思います。家族会・救う会も政府も、「政府が認定している17人から帰国した5人を差し引いた12人」と考えているのでしょうね?そうでなければ、拉致濃厚な特定失踪者についてもう少し拉致認定を進めようとするでしょう。「政府認定拉致被害者」ではなく、「全拉致被害者」とぼやけた表現を使う本音はどこにあるのか、国民にハッキリと説明すべきだと考えます。

 

一方で、政府認定以外に数百人は拉致されている可能性があると表明している特定失踪者問題調査会は、拉致された人数は分からないのだから、たとえ数人であっても救えるところから救うべきだと言っています。救う会と調査会との考えには開きがありすぎて、私たちは困惑するしかありません。救う会と調査会とは、それぞれの立場について胸襟を開いて話し合い、誰もが納得する形の全国レベルでの運動方針を話し合って決めてほしいものだと思います。

 

令和4年3月15日

大阪ブルーリボンの会

2022-03-16 10:03:00

昨年10月11日に可決された大阪府議会を皮切りに、「北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議」(以下、「啓発推進決議」と表記します)は、10月13日には大阪市会で全会一致可決となり、その後府下44自治体の議会でも議決が進んでいます。大阪拉致議連の皆さまのご努力に心からの敬意を表したいと思います。

 

現在、議決を終えた議会は26(うち全会一致21議会)、3月議会での決議が予定されている議会は12、調整中の議会は6となっていて、目指す全議会での決議まであと少しのところにきています。全会一致の大阪市会での決議内容は以下をご覧ください。
大阪市大阪市会:北朝鮮による日本人拉致問題に対する理解を深めるための取組みを推進する決議 (会議結果) (osaka.lg.jp)
拉致被害者を救出するのは政府の役目ですが、国民の関心を高める啓発活動で自治体の議会が先頭に立てば自治体そのものの動きも加速されます。

 

大阪府民の皆さま。地元の議員各位の動きに注目し、議連未参加の議員には参加を強く訴えてくださるようお願いいたします。

 

令和4年2月1日

大阪ブルーリボンの会

2022-03-16 10:02:00

 2021年度の北朝鮮人権侵害問題啓発作文コンクールにおいて、堺市立津久野中学校1年の新谷昴さんが最優秀賞を受賞、同中学は団体賞も獲得しました。詳しくは下記のサイトをご覧ください。
同作文コンクールは当会から政府へ提案したもので、2017年から毎年実施されており、今年で5年目ですが、大阪からの受賞は初めてのことです。毎年意欲的に参加してこられた津久野中学校のみなさんに敬意を表し、お祝い申し上げます。

 

北朝鮮人権侵害問題啓発週間 作文コンクール2021|1日も早い拉致被害者全員の救出にむけて! (stitch-pro.jp)

2022-03-16 10:00:00

im01.JPG

 

12/15 令和3年後期分の署名数3,070筆を内閣官房 拉致問題対策本部に送りました。

2022-03-16 09:59:00

im01.png

 

署名数703筆、カンパ46,892円(内バッジ73個)、参加者27名でした。
2021年後期の署名数合計3,070筆となりました。今月拉致対策本部に送ります。
活動に参加の皆様お疲れさまでした。今年最終の活動でした。来年もよろしくお願いします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...